中綴じ印刷は専門業者に依頼しよう|効率よく宣伝する技

男性

作成のための流れ

メンズ

どのくらい時間がかかるか

ビジネスにおいて必須とも言える名刺は、まとめて作成してしまえば数が揃うので頻繁に作り直すということがありません。そのため、新たに注文を出す時に、どうすれば良かったのか思い出すのが難しいものです。特に手持ちが無くなってきたときに初めて作成する機会ができるため、どのくらいの期間で納品されるかは知っておいた方が良いでしょう。名刺を作成の流れとしては、印刷業者を選ぶところから始まります。名刺にはロゴマークや色の指定といったデザインを指定するのと、紙の種類や印刷方法を選択する2つの課程があります。デザインについては自分で作成することもできますが、印刷業者に丸投げしてしまうことも可能です。印刷業者は自社にデザイナーがいるので、おしゃれな名刺を一括して作成してもらうことができます。外部もしくは自分でデザインを作成した場合は、そのデータを印刷業者に納品することで印刷を開始してもらえます。納期については印刷する枚数によって変わりますが、早いところでは入稿から数時間で完了してしまう業者も少なくありません。スピード印刷を掲げている業者はネット注文が多く、当日中に印刷した名刺を出荷してもらうこともできます。手元に届くまでに配送の時間がかかるので、目安としては納品から2〜3日ほどを見ておくのが一般的です。年末年始や祝休日などが間にあると、印刷業者が休みだったり、配送に時間がかかることもあるので、計画的に注文することを心がけましょう。