中綴じ印刷は専門業者に依頼しよう|効率よく宣伝する技

色見本

作成のための流れ

メンズ

手持ちが少なくなってから発注することの多い名刺は、早急に必要でも納品されるまでに時間がかかるので、どのくらいを目安にすれば良いかを知る必要があります。一連の流れとしては業者を選択し、デザインや紙の種類、印刷方法を選択し、入稿してから数日はかかるようになっています。

世界に一つのカレンダー

カレンダー

名入れカレンダーは、自分の好きな名前を自由に入れて作れるカレンダーです。結婚祝いや出産祝いなど様々な用途に使えます。元となるカレンダーのデザインを選び、入れたい文字の大きさ、内容、色などを細かくレイアウトして決め、専門業者へ発注することで作ることが出来ます。

中綴じで本を作る

色見本

丈夫で簡単な製本方法

「中綴じ印刷」というのは数多くある製本方法の一つで、ページの中央部分を特殊な形状をしたホッチキスで留める形式で本を作成します。ページ数が多い分厚い本ですと、中綴じ印刷を使うのは難しいのですが、カタログやパンフレットやフリーペーパーなどの薄い本を作成する際には、非常に有効な方法だと言えるでしょう。中綴じ印刷は、どのような製本業者でも行っている製本方法ですので、気軽に依頼をすることが可能です。ただし、カラーかモノクロか二色刷りかによって料金が変わってきますし、依頼する冊数によっても料金が変動しますので、まずは業者の公式ホームページなどを見てから見積もりを取ると良いでしょう。本の納期についても詳しく説明してくれることが多いので、併せて聞いてみると良いかもしれません。また、本の内容によって用紙も選ぶことが出来ます。マットコートや上質紙などから自由に選ぶことが可能です。また、中綴じ印刷を依頼する際には、右綴じ製本にしたいのか、左綴じ製本にしたいのか、それとも天綴じ製本にしたいのかということを、初期段階で決めておいた方が良いかもしれません。最後に、業者によって取り扱っているデータ形式が異なりますので、どの形式のデータであれば印刷をしてもらうことが出来るのかということも、調べておくと良いでしょう。オプションで特殊加工を施すことが出来る場合もありますので、本の種類によって使い分けても良いかもしれません。